食の履歴・トレイサビリティー2006/1月、10日目

e-kanten2006-01-14

「山の天気が、里におりる。」

案の定、昨日の夕から雨となりました。

降り始める前に、程よく天然乾燥してきた

天然寒天を守るため、“かいりょう”ごと積み

シートを二枚重ねで覆いました。

最高級天然もの寒天をつくる。

それは、

自然の恵みにあやかり時間をかける。

自然と対話し、寒天と会話し、絶えず手をかけてあげる。

寒天を自然の一部として捉える。