激しく打ちつける豪雨

とどろく雷鳴

野天のロックフェス会場に風が吹きすさぶ。

 

ギターのA弦は切れちまって、

ドラムは濡れ、

音が出ない。

 

「これでいいんだ。」

この時、中村あゆみはそう思った。

奏音のない

‘翼の折れたエンジェル’

 

「こんなときに何かが生まれる。」